浮気のダメージを減らすための準備とは

浮気調査の費用が依頼をする人で違う理由

浮気されたダメージを減らすために

浮気をされると、相手が許せなくなってつい感情的になってしまいがちです。しかし、冷静になってしっかりと浮気と向かい合い、処理をしていく必要があります。それは自分へのダメージを少なくすることに繋がります。
まず、「浮気は許せない」と思うのであれば、どこまで許して、どこまで許せないかを決めましょう。
例えば自分以外の女性と食事をしたから許せないのか、それとも一線を超えているから許せないのか。浮気相手に自分という存在をいることを知らせているのか、それとも「フリーだ」と偽っているのか。浮気を始めたばかりなのか、それとも長期間続けていたのかなどなど、しっかりと事実確認しなくてはいけない項目が多数存在します。
浮気された、自分がもっとしっかりしていたら……と自分を責めるのは後からできることです。できるだけ短時間で事実確認を済ませ、相手を許すのか許さないのか、条件付きで許すのかなど、どうするのか決めることで、自分へのダメージを少なくしましょう。
そして事実確認することが自分にとって、とても辛い場合もあります。非常にストレスがかかるので、無理は禁物ですし、間違った判断をする可能性もあります。口の固い友達や、冷静な第三者に意見やアドバイスを求めましょう。